Anker Charging Base (100W) レビュー|Anker Prime Power Bankを置くだけで充電できるポゴピンを搭載する3ポート充電器

Anker Charging Base (100W) レビュー|Anker Prime Power Bankを置くだけで充電できるポゴピンを搭載する3ポート充電器

今回ご紹介する「Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bank」は、Anker製モバイルバッテリー「Anker Prime Power Bank」充電用のポゴピンを搭載する据え置き型充電器です。

同社のモバイルバッテリー「Anker Prime Power Bank」を充電器本体にドッキングさせることにより、USB-Cケーブルなしでモバイルバッテリー本体を充電できます。

さらに最大100WのUSB-Cポートを搭載するため、Anker Prime Power Bank以外の充電でも活躍してくれます。

本記事ではAnker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bankの特徴や仕様、使ってみて感じたことをレビューとしてお届けします。

Anker Prime Power Bankをすでにお持ちの方、あるいはこれからの購入を検討されている方は、ぜひ本記事をチェックしてみてください。

本記事は筆者自身が購入した製品を用いて作成しています。

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bank
総合評価
( 4 )
メリット
  • 別売のAnker Prime Power Bankを置くだけで充電
  • Anker Prime Power Bank充電用のポゴピンは最大100W出力に対応、高速に充電できる
  • 最大100WのUSB-Cポートを含む3つのUSBポートを搭載
  • GaN(窒化ガリウム)採用でコンパクト、置き場所に困らないサイズ感
デメリット
  • ポゴピンはAnker Prime Power Bank充電専用
  • USBポートが側面に配置されており環境によって使いづらい可能性がある
目次

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bankの特徴と仕様

Anker Charging Base (100W)は、2023年に新しく登場した「Anker Primeシリーズ」にラインアップされている製品のひとつです。

Anker Primeシリーズ一覧
製品名Anker Prime Wall Charger (67W, 3 ports, GaN)Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)Anker Prime Desktop Charger (240W, 4 ports, GaN)Anker Prime Power Bank (12000mAh, 130W)Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)Anker Prime Power Bank (27650mAh, 250W)Anker Charging Base
(100W) for Anker Prime Power Bank
Anker Prime Charging Station (6-in-1, 140W)
外観Anker Prime Wall Charger (67W, 3 ports, GaN)Anker Prime Wall Charger (100W, 3 ports, GaN)Anker Prime Desktop Charger (240W, 4 ports, GaN)Anker Prime Power Bank (12000mAh, 130W)Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)Anker Prime Power Bank (27650mAh, 250W)Anker Charging Base
(100W) for Anker Prime Power BankAnker Prime Charging Station (6-in-1, 140W)
特徴3ポート搭載USB充電器
合計最大67W
3ポート搭載USB充電器
最大100W
4ポート搭載の据え置き型USB充電器
合計最大240W
2ポート搭載モバイルバッテリー
12000mAh
合計最大130W
ディスプレイを搭載
3ポート搭載モバイルバッテリー
20000mAh
合計最大200W
ディスプレイを搭載
3ポート搭載モバイルバッテリー
27650mAh
合計最大250W
ディスプレイを搭載
Anker Primeモバイルバッテリー専用充電スタンド
3ポート搭載
合計最大100W
4ポート・2AC搭載の2-in-1充電器
USB PD 3.1の最大140Wに対応
ディスプレイを搭載
価格(税込)8,490円9,990円19,990円12,990円19,990円24,990円6,990円14,990円
製品ページ Amazon
Anker公式
Amazon
2023年秋頃発売予定 Amazon
Amazon
Anker公式
2023年秋頃発売予定 Amazon
Anker公式
Amazon

△ この表は横スクロールできます。

製品の特徴

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bank
出典:amazon.co.jp

Anker Charging Base (100W)の主な特徴をまとめました。

Anker Charging Base (100W)の特徴
  • Anker Prime Power Bank充電用のポゴピンを搭載
  • 最大100WのUSB-Cポート、最大30WのUSB-Cポート、最大18WのUSB-Aポートを搭載
  • コンセントが離れた位置における据え置き型充電(1.2mのAC電源ケーブル)
  • GaN(窒化ガリウム)採用でコンパクト

Anker Prime Power Bankは、現在発表されているもので3製品あります。

  • Anker Prime Power Bank (12000mAh, 130W)
  • Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)
  • Anker Prime Power Bank (27650mAh, 250W)(2023年秋発売予定)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

記事執筆時点ではAnker Prime Power Bank (12000mAh, 130W)が品切れ状態となっているようです。

製品の仕様

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bankの詳しい仕様は以下のとおりです。

製品名

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bank

外観

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bank

AC入力

100V – 240V ~ 2A 50-60Hz

搭載ポート

USB-C x 2
USB-A x 1
ポゴピン x 1(Anker Prime Power Bank専用)

USB-C1出力

最大100W(5V=3A / 9V=3A / 12V=1.5A / 15V=3A / 20V=5A)

USB-C2出力

最大30W(5V=3A / 9V=3A / 12V=1.5A / 15V=2A / 20V=1.5A)

ポゴピン出力

最大100W(21.5V=4.65A)

合計出力

最大100W

サイズ

約85 × 78 × 27 mm(本体)

重量

約320 g(本体)

カラー

ブラック

パッケージ内容

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bank、AC電源ケーブル(1.2 m)、固定用シール(2枚)、取扱説明書

保証

24か月 + 6か月(Anker会員登録後)

価格(税込)

6,990円

製品ページ

Amazon Anker公式

なおパッケージ内容にはUSB-Cケーブルは含まれていません。

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bankのパッケージ内容
パッケージ内容

最大100Wの充電性能を活かすには、5A対応(100W対応)のUSB-Cケーブルが必要ですのでご注意ください。3Aまで対応のUSB-Cケーブルだと、充電ワット数が最大60Wに抑えられてしまいます。

お探しの方は「Anker 543 エコフレンドリー USB-C & USB-C ケーブル」をチェックしてみてください。

エコフレンドリーな素材が採用されたUSB-Cケーブルで100W充電に対応、絡みづらく使い勝手がいい上に価格も安いのでおすすめです。

対応する急速充電規格をチェック

Anker Charging Base (100W)には2つのUSB-Cポート、1つのUSB-Aポートが搭載されています。

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power BankのUSBポート

USB充電チェッカーを使い、各USBポート対応する急速充電規格をチェックしました。

Anker Charging Base (100W)のUSB-Cポートが搭載する急速充電規格
対応する急速充電規格をチェック!
Anker Charging Base (100W)が対応する急速充電規格(筆者調べ)
USBポート対応する急速充電規格
USB-C1/C2USB PD 3.0 / PPS
Adaptive Fast Charging(Samsung)
Fast Charge Protocol(Huawei)
Smart Charge Protocol(Huawei)
Quick Charge 4+(下位互換あり)
Apple 2.4A
USB-AAdaptive Fast Charging(Samsung)
Fast Charge Protocol(Huawei)
Smart Charge Protocol(Huawei)
Quick Charge 3.0(下位互換あり)
Apple 2.4A

USB-C1/C2ポートはUSB PD以外の急速充電規格にも対応しているようです。USB-Cの規格上は違反となるのですが、使用や安全性に問題があるわけではないので気にしなくていいでしょう。

続いてUSB-C1/C2それぞれのPDO(Power Data Object)をチェックしました。

PDOとは、USB PD充電の際に充電器とデバイスの間でやり取りされる電流・電圧の組み合わせリストとのことです。

Anker Charging Base (100W) USB PDのPDO(筆者調べ)
USBポート対応する急速充電規格
USB-C15V=3A / 9V=3A / 12V=1.5A / 15V=3A / 20V=5A(最大100W)
PPS:3.3-11.0=5A
USB-C25V=3A / 9V=3A / 12V=1.5A / 15V=2A / 20V=1.5A
PPS:3.3-11.0=3A

商品ページや本体に記載のある表示と相違ありませんでした。問題ないですね。

商品ページには記載がなかったのですが、USB-C1/C2ポートはUSB PD 3.0の拡張機能である「PPS(Porogrammable Power Supply)」にも対応するようです。

Androidスマホの一部などPPS充電に対応するデバイスでは、より効率的に、高速に充電できるPPS充電の恩恵を受けられます。

USB-C1は5AのPPS充電に対応するためGalaxy S23 Ultraの「超急速充電 2.0(45W)」が可能です。USB-C2のPPS充電の仕様は3Aとなるため「超急速充電(25W)」までとなります。

複数ポート使用時の振り分けについて

Anker Charging Base (100W)は同時に何台接続するかによって最大出力のワット数が変わります。

Anker Charging Base (100W)の同時充電時の振り分け
USB-C1USB-C2USB-Aポゴピン合計
1台充電時100W100W
30W30W
22.5W
(SCP充電時)
22.5W
100W100W
2台充電時65W30W95W
65W22.5W
(SCP充電時)
87.5W
45W55W100W
5.5W7.5W13W
30W70W100W
12W88W100W
3台充電時65W7.5W7.5W80W
45W18W37W100W
45W12W43W100W
7.5W7.5W85W100W

パターンが多く複雑に思えますが、「USB-C1ポートを優先的に使う」と覚えておけばいいでしょう。

Anker Charging Base (100W)の外観・サイズ・重量

Anker Charging Base (100W)は据え置き型の充電器で、本体にAC電源ケーブルを接続して使用します。

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bankの外観
使い勝手のいい据え置き型の充電器

持ち運びにはコンパクトで軽量な壁差しタイプが便利ですが、持ち運びしないのであればAC電源ケーブル付きの据え置き型のほうが便利ですね。

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bankのポゴピン
Anker Prime Power Bank充電用のポゴピン

Anker Prime Power Bank充電用のポゴピンは充電器上部にあります。ここにはマグネットが仕込まれており、モバイルバッテリー側を近づければ勝手に吸着してくれます。

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bankの前面にあるスクリーン
前面のスクリーン
Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bankの前面にあるスクリーン2
Anker Prime Power Bankをセットすると点灯

充電器前面にスクリーンがあり、Anker Prime Power Bankを乗せ充電が開始されるここが点灯します。

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power BankのUSBポート
3つのUSBポート

USBポートはスクリーンを正面にして右側に配置されています。

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bankのデザイン
細かいラインが入ったデザイン

側面には細かいラインが入っており、プラスチックの外装ながら高級感のあるデザイン。こういうテクスチャが施されているだけで安っぽさが消えますね。

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power BankのAC電源ケーブル挿し込み口
AC電源ケーブル挿し込み口

AC電源ケーブル挿し込み口はスクリーンの反対側の面にあります。AC電源ケーブルの長さは1.2m。購入される際はコンセントと置きたい場所の位置関係を確認しておきましょう。

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bankを手に乗せている様子
GaN(窒化ガリウム)採用でコンパクト!

Anker Charging Base (100W)のサイズは約85 × 78 × 27 mmと最大100Wの充電器としては非常にコンパクト。GaN(窒化ガリウム)採用の恩恵でしょう。

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bankの重量を計測
ケーブル込みの重量は実測397.72 g

AC電源ケーブル込みの重量を確認してみると約397.72 gでした。持ち運ぼうと思えば持ち運べる重量です。

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bankをバッグに収納
持ち運べなくはないサイズ感と重量

車移動などで重さが気にならなければ持ち出すのもありですね。Anker Prime Power Bankとのコンビで旅行や出張時のお供に持ち出すのも便利そうです。

Anker Prime Power Bank充電用のポゴピンを搭載

Anker Charging Base (100W)は、Ankerのモバイルバッテリー「Anker Prime Power Bank」充電用のポゴピンを搭載、乗せるだけで本体への充電が開始されます。

Anker Charging Base (100W)でAnker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)を充電
Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)を充電

対応している製品は、

上記の3製品です。

これらはAnker Charging Base (100W)のポゴピンからの出力は最大100Wに対応、モバイルバッテリー本体を超高速に充電可能です。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)とAnker Prime Power Bank (12000mAh, 130W)
Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)とAnker Prime Power Bank (12000mAh, 130W)

Anker Charging Base (100W)を使えば、Anker Prime Power Bank (12000mAh, 130W)を約45分でフル充電、Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)を約75分でフル充電可能。

10000mAhを越えるモバイルバッテリーのなかには、本体の充電に3時間以上かかる場合も珍しくありません。そう考えると超高速です。

Anker Prime Power Bank (20000mAh, 200W)を充電中のワット数
100W近いワット数で急速充電できている

Anker Prime Power Bankは、入出力のワット数をスクリーンで確認できます。このとおり100W近いワット数で充電できており、バッテリー残量がモリモリ増えていきます。

Anker Prime Power Bank (12000mAh, 130W) は最大65Wの入力となります。

モバイルバッテリーは「本体をいかに高速に充電できるか」が使い勝手に大きく関わってきます。Anker Charging Base (100W)なら快適に大容量のAnker Prime Power Bankを活用できるでしょう。

Anker Charging Base (100W)の磁力
磁力は十分

ドッキングさせたときの磁力は強力で意図せずズレてしまう、なんてことはないでしょう。Anker Charging Base (100W)がかんたんに持ち上がるほどの磁力があります。

Anker Charging Base (100W)付属の固定用シール
付属のシールで固定しておいたほうがいい

本体が持ち上がってしまうと不便ですので、Anker Charging Base (100W)を設置する場所が決まったら付属のシールを貼り固定しておきましょう。

最大100W・3ポート搭載で普段使い用USB充電器としても活躍

Anker Charging Base (100W)が搭載するUSB-Cポートは最大100Wと非常にパワフル。

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power BankでASUSノートPCを充電
ASUSゲーミングノートPCを充電(実測94W)

上ではASUSのゲーミングノートPCを充電していますが、約94Wと高速に充電できています。

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power BankでMacBook Air 13インチとiPad(第10世代)を充電
MacBook Air 13インチ(実測61W)、iPad(第10世代)(実測26W)

2つのUSB-Cポートを同時に使用したときは、最大65W + 最大30Wと振り分けになります。MacBook AirとiPadを同時にフルスピード充電が可能。

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power BankのUSB-AポートでAirPods(第3世代)を充電
まだまだ使うことの多いUSB-Aポートも活躍

メインのUSB充電器として使うならUSB-Aポートも欲しいところ。USB-Cへの移行が進んでいるとはいえ、まだまだ使うことが多いですからね。

USB-Cポートの充電性能の高さやUSB-Aポートの搭載など、Anker Charging Base (100W)は、単純にUSB充電器としてだけみても優秀です。

注意点としては同時充電時の振り分けですね。USBポートとポゴピンの出力はパターンによって電力の振り分けられ方が異なることを知っておきましょう。

【再掲】Anker Charging Base (100W)の同時充電時の振り分け
USB-C1USB-C2USB-Aポゴピン合計
1台充電時100W100W
30W30W
22.5W
(SCP充電時)
22.5W
100W100W
2台充電時65W30W95W
65W22.5W
(SCP充電時)
87.5W
45W55W100W
5.5W7.5W13W
30W70W100W
12W88W100W
3台充電時65W7.5W7.5W80W
45W18W37W100W
45W12W43W100W
7.5W7.5W85W100W

このように組み合わせによって極端に充電ワット数が落ちることがあります。ただこれらの組み合わせを覚える必要はなく、上でも書いたように「USB-C1ポートを優先的に使う」と覚えておけばOKです。

Anker Charging Base (100W)がおすすめな人とは?

Anker Charging Base (100W)がおすすめなのは、ズバリAnker Prime Power Bankをお持ちの方ですね。

正直なところ、お持ちでない方あるいは購入される予定のない方がAnker Charging Base (100W)を選ぶメリットはないです。

Anker Prime Power Bankをお持ちの方であれば、Anker Charging Base (100W)はぜひ検討したいアイテム。ケーブルレス・置くだけで充電できるので、「モバイルバッテリーを毎日持ち歩く」といった方にとっては非常に便利です。

しかもAnker Charging Base (100W)はUSB充電器としても優秀です。ポゴピンなしバージョンが発売されれば売れるんじゃないかな、と思うほど。

Anker Prime Powre Bankをお持ちの方は、ぜひAnker Charging Base (100W)の導入をあわせて検討してみてください。

Anker Charging Base (100W)レビューまとめ

今回は「Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bank」をご紹介させていただきました。

Anker Prime Power Bankを置くだけで充電できるポゴピンを搭載、最大100WのUSB-Cポートを搭載と、非常に使い勝手がよくパワフルな充電器です。

Anker Prime Power Bankユーザー向けの製品ではありますが、お持ちの方にとっては便利ですね。ケーブルレスで置くだけで充電できだけ、と言えばそうなのですが、毎日充電するとなるとこのメリットが地味に効いてきます。

Anker Charging Base (100W) for Anker Prime Power Bank
総合評価
( 4 )
メリット
  • 別売のAnker Prime Power Bankを置くだけで充電
  • Anker Prime Power Bank充電用のポゴピンは最大100W出力に対応、高速に充電できる
  • 最大100WのUSB-Cポートを含む3つのUSBポートを搭載
  • GaN(窒化ガリウム)採用でコンパクト、置き場所に困らないサイズ感
デメリット
  • ポゴピンはAnker Prime Power Bank充電専用
  • USBポートが側面に配置されており環境によって使いづらい可能性がある

こちらの記事もおすすめです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事の著者

おりすさるさんのアバター おりすさるさん ガジェットブロガー

Apple製品まわりのガジェットを中心にレビュー記事を書いているガジェットブロガー。レビュー記事では「で、実際のところはどうなの?」と言うことを大事にしています。

運営者情報はこちら
コンテンツ制作ポリシーはこちら

お気軽にコメントいただければ喜びます!

コメント

コメントする

目次